SEIN ST-CNV for SS3

> 概要

> SEIN⇒ST-Bridge

> ST-Bridge⇒SEIN

> 詳細

> 動作環境

SEIN ST-CNV for STBは、ST-BridgeファイルとSEIN La CREAのテキストファイルの相互変換プログラムです。

ST-Bridgeとは・・・日本国内の建築構造分野での情報交換のための標準フォーマット

 ・利用範囲を明確にすることによって、IFCよりシンプルで扱い易い。

 ・日本独自の表現方法を取り込む。(通り芯、部材配置と断面符号、配筋情報)

 ・国内の構造系アプリ、躯体積算アプリ、3次元オブジェクトCADとの連携を目指す。

[buildingSMART japan HPより(http://www.building-smart.jp/meeting/structure.php)]

SEIN⇒ST-Bridge

ST-Bridge⇒SEIN

詳細

◆変換対象ファイル

 SEIN La CREAテキストファイル[.stxt] ⇔ ST-Bridge[.stb]

◆変換対象部材

 下記の部材が変換対象部材です。

 部材定義情報・部材配置情報、配置属性(部材の寄り・主軸の回転等)を変換します。

RC
スラブ
パラペット※1
S
ブレース
SRC
CFT
  • ※1 STBファイルで「StbParapets(パラペット)」として登録されている部材はSEINでは非構造壁として変換します。
  • また、SEIN⇒STBファイルへ変換する場合には「StbWalls(壁)」として変換します。

◆荷重情報・基礎情報は変換対象外です。

動作環境

OS Microsoft Windows 10 32ビット(※1)    Microsoft Windows 10 64ビット(※1)
Microsoft Windows 8.1/8 32ビット(※1)  Microsoft Windows 8.1/8 64ビット(※1)
Microsoft Windows 7 32ビット(※1)    Microsoft Windows 7 64ビット(※1)
CPU Intel Core-i5 以上推奨(※2)
必須ソフト Internet Explorer6.0 SP2以上(※3)
.NET Framework 4.5
  • ※1 Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの登録商標です。
  • ※2 Intelは、Intel Corporationの登録商標です。
  • ※3 Internet Explorerは、ヘルプファイルを参照するのに必要です。